セフターEなどでカーボンフットプリント表示を行っています

カーボンフットプリントとは

 カーボンフットプリント(CFP:Carbon Footprint of Products)は、直訳すると「炭素の足跡」。製品のライフサイクル全体で排出される、温室効果ガス*の量を合算し、それをCO2(二酸化炭素)排出量に換算して表示したものです。 製品にCO2排出量を「見える化」することで、事業者、消費者ともに、CO2排出量削減を意識するきっかけとなり、地球温暖化対策につながることが期待されてます。

*二酸化炭素のほか、メタン、フロンなど、温室効果のあるガスのこと

「セフターE」のカーボンフットプリント表示をみてみましょう

cfp2 カーボンフットプリントは、事業者と消費者が一緒にCO2排出量削減に向けて取り組んでいくためのツールです。コープはこれからも「お洗濯」という毎日の小さな行動を通して変化をもたらしたいという、組合員さんの願いに応える洗剤や情報を提供していきたいと考えています。