• 塩素系漂白剤と酸素系漂白剤のちがいは何ですか

    酸素系漂白剤は「液体」と「粉末」とがあり、どちらも漂白力は穏やかです。「液体」の酸素系漂白剤は過酸化水素が主成分でウールにも使えます。「粉末」の酸素系漂白剤は過炭酸ナトリウムが主成分です。 塩素系漂白剤は、次亜塩素酸ナトリウムが主成分で、特有のにおいがあります。漂白力は強力で、酸性の液と混ざると塩素ガスが発生するので、取り扱いには十分な注意が必要です。 塩素系漂白剤は漂白力が強く、生地の色まで変色してしまうため白物専用に。酸素系漂白剤は色柄物にも使えます。
    商品名 液体酸素漂白剤 酸素漂白剤 高濃度パワー 酸素漂白剤 (粉末タイプ) ブリーチ
    パッケージ かんたん液体酵素漂白剤 酵素漂白剤 ブリーチ
    配置規格 ボトル1000ml 詰替用720ml ボトル600ml 詰替用480ml 500g ボトル1500ml
    液性 弱酸性 弱アルカリ性 アルカリ性
    成分 過酸化水素(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシアルキレンアルキルエーテル) 過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、アルカリ剤(炭酸塩)、酵素 次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)、水酸化ナトリウム
    漂白力 液体酸素漂白剤 ≦ 酸素漂白剤 高濃度パワー ≪ 酸素漂白剤粉末タイプ ≪ ブリーチ
    特徴 ●弱酸性のため、毛・絹の衣類にも使えます(この場合、洗剤は中性洗剤<おしゃれ着洗い>を使ってください)。 ●液体なのでエリ・ソデの部分漂白にも便利。 ●濃縮液体タイプです。従来品*比半分の使用量。*CO・OP液体酸素漂白剤●弱酸性のため、毛・絹の衣類にも使えます(この場合、洗剤は中性洗剤<おしゃれ着洗い>を使ってください)。 ●液体なのでエリ・ソデの部分漂白にも便利。 ●液体より漂白力が高いので、洗剤と一緒に洗濯機に入れて使う際は粉末をおすすめします。 ●漂白力、除菌力とも最も効果が高い。 ●白物以外の衣類に使うと色落ちするので注意してください。
    洗えるもの 衣料用(水洗いできる白物、色物、柄物の繊維製品《木綿、麻、化学繊維、毛、絹》)*毛・絹を洗う場合は、中性洗剤を使う 白物、色物、柄物の繊維製品《綿、麻、化学繊維》 白物衣料専用
    洗えないもの 水洗いできないもの、金属製の付属品(ファスナー、ボタン、ホックなどの留具)がついた衣料、含金属染料で染めたもの 毛、絹の繊維製品、水洗いできないもの、金属製の付属品(ファスナー、ボタン、ホックなどの留具)がついた衣料、含金属染料で染めたもの、温水で溶かした濃い目の液を目立たない部分につけて、5分程度で変色するものや白布をあて、たたいて色がうつるものには、使わない。 毛、絹、ナイロン、アセテート及びポリウレタンの繊維製品、色物、柄物の繊維製品、金属製の付属品(ファスナー、ボタン、ホックなどの留具)がついた衣料、獣毛のハケ、原液を10倍に水で薄めた液を目立たない部分につけ、5分ほどおいて黄変するものには、使わないでください。
    共通ポイント1 黄ばみ、黒ずみの漂白、赤ちゃん衣料の漂白、衣料の除菌、除臭
    共通ポイント2 繊維自体が変質して、黄ばんだものは、漂白剤でも元に戻りません