• 白い衣類を 塩素系漂白剤で漂白したら、ピンク色になってしまいました

    首や腕に日焼け止めを使用しており、日焼け止めが付着したと思われる箇所に塩素系漂白剤(ブリーチ)を使用すると、日焼け止めに含まれている成分の一部が反応して、ピンク色に変色することがあります。
    この場合、生地自体が変色したわけではありません。



    衣類に残った日焼け止めを、洗たく用液体洗剤で落とすことをおすすめします。ピンク色になった箇所に、衣料用液体洗剤の原液をたっぷりと塗布し、5〜15分置いてください。
    その後、生地をいためないように注意しながら、ていねいにもみ洗いし、よくすすいでください。一度で落ちない場合は、この作業を、くりかえして頂くと効果的です。



    ※塩素系漂白剤で漂白した直後の場合は、まず水で充分にすすぎ、軽くしぼってから、洗たく用液体洗剤を塗布してください。
    すべての日焼け止めで、変色が起こるわけではありませんが、日焼け止めが付着した衣類には、塩素系漂白剤のご使用を避けることをおすすめします。
    ご使用になられている日焼け止めの注意表示もご確認ください。尚、酸素系漂白剤では、変色の心配はございません。