干し方

干すとき、手でたたいてシワを取っておくと、仕上げのアイロンがけが楽になります。

陰干し(乾燥)

衣類乾燥機は使用しないでください。

  • ■平干し(セーター・カーディガン)

    伸びやすいので平干しネットがおすすめ。

    おふろのふたにタオルを敷いたもので代用できます。

  • ■ハンガー干し①(セーター・カーディガン)

    平干しできない時はハンガー干し

    ハンガーを2〜3本使って衣料の重さを分散させます。

  • ■うす手のシワになりやすいもの

    平干しまたはハンガー干し

    タオルドライして生乾きの時にあて布をしてアイロンをかけると小ジワがつきにくくなります。

  • ■ハンガー干し②(スカート・スラックス)

    形を整えてハンガー干し(伸びやすいものは平干)

    プリーツなどのヒダがとれやすいものは、あらかじめ、しつけ糸でとめて洗たくし、乾いてからとります。

雨の日など乾きにくいときのひと工夫

  • ■衣料の間にすきまをつくります。

    スカートは裏返してピンチハンガーで筒状に干します。

    ブラウスは肩に厚みのある洗たく物干し用のハンガーや、肩部にタオルを巻きつけたハンガーで干します。