お洗たくのコツ1

ブラウス・シャツの洗い方

  1. 1.色落ち確認

    色落ち確認の方法に従って、確認してください。
    とくにプリント染め、極端な色使いのものは、洗う前に必ずチェック。

  2. 2.シミや汚れのひどい部分は前処理

    ぬれタオルなどで、シミや汚れの周囲をぬらし、輪ジミを防ぎます。
    タオルなどに原液をつけてたたきます。

    ※傷みの原因となりますので、決してこすらないでください。
  3. 3. 軽くたたんで、つけおき

    1. つけおき(3~5分)
    2. 脱水(5秒)またはタオルドライ
    3. つけおきすすぎ1分
    4. 脱水(5秒)またはタオルドライ
    5. 陰干し(ハンガー干し)

    タオルドライ バスタオルの上に衣料をのせ、型をととのえてから、さらにバスタオルをかぶせ、軽く押して水分を取ります。 脱水しすぎないのが、洗たく後のシワを防ぐコツです。
    両肩をつかんで振りさばき、全体の小ジワを取ります。えりやそで、すそを軽く引っ張り、型をととのえて干します。
    生乾きのとき(干してからおよそ1時間半くらい)にあて布をして中温(140~160°C)でドライアイロンをかけると、小ジワがつきにくく、きれいに仕上がります。乾きすぎてしまっていたら、霧吹きでもう一度湿らせてください。