セフターのはじまり

最初のセフター

安全・安心な洗剤をーその願いに応えて、「コープセフター」が誕生

1960年代は全国で河川の汚染が進み、洗剤による水環境への影響が問題となっていました。コープはこの課題に取り組み、当時多くの洗剤に使用されていた界面活性剤ABS(アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)より生分解性のよい、LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩)を使用した「コープソフト」を1965年に発売しました。 さらに商品開発を続けた1969年、より生分解性が高い、高級アルコール系界面活性剤を利用して開発した洗剤が「コープセフター」でした。 ▶ 参考:界面活性剤のことを知ろう
「コープセフター」の誕生は、水環境への配慮と、安全性を重視した、コープ洗剤の取り組みが本格的に始まったことを意味しています。